青森県八戸市の測量会社・アトラス測量
測量業者登録 第(1)-29176号
測量設計・測量業務のアトラス測量
青森県八戸市根城五丁目12番26号(裁判所前)
アトラス測量TEL:0178-44-0333
アトラス測量 業務案内 アトラス測量 実績集 アトラス測量 よくある質問 アトラス測量 会社案内
アトラス測量TOP
アトラス測量 業務案内
アトラス測量 実績集
アトラス測量 よくある質問
アトラス測量 会社案内
アトラス測量 リンク
社長のブログ
趣味のおもちゃ博物館
地域情報紹介
野球日誌
青森県八戸市 アトラス測量
有限会社 アトラス測量
〒039-1166
青森県八戸市根城五丁目
12番26号(裁判所前)
TEL:0178-44-0333
FAX:0178-44-0659
E-Mail:
yasuda@atlas-sokuryo.com
ごあいさつ
アトラス測量代表 安田勝寿青森県八戸市の有限会社アトラス測量のホームページをご覧頂きありがとうございます。
当社は、土木設計、開発計画、測量業務など、八戸市を中心に業務を行っています。
近年業務内容も多岐にわたり、法改正などにより複雑で手間のかかる業務が増えてきました。私どもは、日頃より業務内容を研究し、問題解決にむけて全力をあげて取り組んで行く所存でございます。30数年間積み上げたノウハウと信用で、これからも皆様に迅速な対応と、きめ細かいサービスをモットーに完成度の高い仕事をお届けしていきます。
お見積り相談等がございましたら、お気軽に専門家にご相談下さい。
有限会社 アトラス測量   代表取締役 安田勝寿
更新情報
2015年5月19日(火) 初勝利
2015年5月8日(金)  朝野球開幕試合 
2014年4月19日(土) 青森県県立郷土館 企画展「おもちゃ百科図鑑」~あそびの今昔~
2013年11月4日(月) 東北楽天優勝おめでとうございます。
2013年8月24日(土) 八戸ペンクラブク講演会
WhatsNEW
 
きょうからヤスコレ提供のおもちゃ展示会in十和田市称徳館が始まりました。
シニア世代にとっては、こどもの頃に遊んだヒーロー・ヒロインと出会うチャンスです。こどもさんも知っているキャラクターがたくさんあるはずですよ。
 家族そろって、思い出探し、キャラクター探しに行ってみませんか?
場所 十和田市馬事公苑称徳館(十和田市大字深持字梅山1−1)
時間 午前9時から4時30分まで
観覧料 一般300円 高校・大学生100円 中学生以下無料
休館日 月曜日

 平成24年度アトラス野球部朝野球戦績
 去年を振り返ると、目標といしていた県大会出場を果たせたので、申し分のない成績でした。欲を言えば優勝を逃し残念でした。でも、選手たちはよく粘ってくれました。今までと違ったところは、格段に守備力が上がったこところです。二度のサヨナラ勝ちを含め、1点差で逃げ切る試合が多いのは守備力がついてきた証拠です。接戦に持ち込み、逃げ切るのがアトラスのしぶとい野球。持ち味を発揮して、今年こそ優勝を目指します。24年度戦績 10勝1分け2敗減点無し。

 八戸ポータルミュージアム はっち 「私の本棚」事業協力
「私の本棚」は、各分野で活躍している八戸市ゆかりの方々の推薦する本を、ご本人の紹介や本に対する思いとともにはっち2階のリビングで展示しています。
 人生の転機で支えになった本、八戸の小中学生に是非読んでほしい本など、オススメ本を紹介していますが、どなたでも手にとってお読みいただけます。
 この人、こういう本を読んでるんだな〜とか、八戸出身でこんなスゴイ人がいるんだ!とか、この人知ってる!いろんな発見があるハズ?是非、はっち館内のリビングスペースでくつろぎながら、ご覧ください。 以上 はっちのホームページより抜粋

この度の「私の本棚」事業の、八戸ゆかりの推薦人11名のなかに、僭越ながらお仲間に入れていただきました。恐縮しきりでございます。あらためて推薦人をご紹介したいと思います。
○伊調千春さん アテネ・北京オリンピックレスリング銀メダリスト
○大谷真樹さん 八戸大学学長 元インフォプラント代表取締役
○奥山千鶴子さん NPO法人子育てひろば全国連絡協議会理事長
○慶長寿明さん 世界銀行 シニア都市環境スペシャリスト
○鈴木登紀子さん 料理研究家
○関橋英作さん クリエイテイブ・コンサルタント代表
○対馬ルリ子さん ウイミンズ・ウエルネス銀座クリニック院長
○野田公俊さん 千葉大学大学院副医学研究院長・教授
○柾谷伸夫さん 演劇集団ごめ企画代表 八戸聖ウルスラ学院講師
○安田勝寿   有限会社アトラス測量代表 おもちゃコレクター
○類家心平さん ジャズトランペッター・作曲家
以上11名のコーナーが2月からリニューアルされました。私も、初めて知る八戸ゆかりの人物に触れて、大変勉強になり、励みとなりました。
 各々11名が、故郷を思う気持ちは一緒であり、八戸の活性化を願う気持ちは共有できていると思います。立場は違えど、このような素敵な企画に参画できて、非常に光栄であります。
 はっち2階が市内の本好きの憩いの場となることを願っています。
私の本棚 ホームページ
http://hacchi.jp/ha/programs2/hondana/index.html

 おもちゃの恩返し  講演会大盛況のうちに終了
平成21年4月20日、シーガルビューホテルで講演会を行った。私自身、人前で話すのが大の苦手で、訛りもきつい。到底講演をするよなテクニックを何も持ち合わせていない。しかし、八戸青年会議所主催の一般公開例会の壇上に立つ。当然恥ずかしい。
 通常の公開例会は50名も一般の方が参加していただければ、大入りに入るのだが、なんと今回は200名以上の来場者があった。遠くは弘前市、むつ市、青森市、岩手県洋野町、南郷区、階上町、三沢市からも多数駆けつけてくれた。駐車場はパニックになり、駐車場係りを増やしても間に合わず、途中で引き返す方も出たほどである。ホテルに訪ねると、学童野球大会依頼の混雑だという。しかも、平日の夜にもかかわらず、子供さん連れが多く、非常に和やかな雰囲気の中で講演できた。年代の幅もかなり広く、私の講演で大丈夫か心配であったが、ほとんどのお客様が聞き入ってくれたのが嬉しい。私個人は、講演を聞くことが苦手である。1時間も聞いていると飽きてしまう。今回は自分の経験も踏まえ、いかに飽きさせないか工夫をちりばめてみた。先ず、ロビーに特設おもちゃ展を設えた。講演前にお客様に楽しんでいただき、よりスムーズに理解していただくためである。また、子供さんがたくさん来ると予想されたので、昔の遊びコーナーを設けた。飽きたら、そこで遊べるかもとの発想である。さらに、オープニングで仮面カツトシダーショーを行った。子供たちにおおうけした。その後、今までの活動を振り替えるため、ビデオにまとめて紹介した。講演のシナリオは1カ月前までに固めて、講演当日まで書き直した。リズム、内容、エピソードの挿入飽きさせないための工夫。自分が嫌いな講演を逆の立場になって、考えに考え抜いた。思いついたのは、壇上におもちゃをあげて、時々に説明したり、小ネタとして見せる。内容もきっかけから、おもちゃの苦労話、昔の中心街の思いで、更に街の活性化、子育て、こどもたちの夢、展示会活動と安田コレクションスタッフの話。人と人との繋がり、引き出しはいくらでもある。1時間10分にまとめるのが大変であった。考えに考え抜いただけあり、お客様の感想が良かった。「感動した」「勉強になった」「全然飽きなかった」「勇気をもらった」「来て良かった」などなど、身に余る絶賛の言葉をかなりいただきました。かなり嬉しいです。しかし、その裏で、青年会議所「ゆめみらい委員会」安田委員長の熱い思いが、この講演を成功させたのだと思う。最初話が来た時は、JC現役講師はありえないと一蹴した。しかし、安田委員長は諦めず、講演会にこぎつけてくれた。「かつとしさんの話しを聞きたいというメンバーが一人でもいたら話してください」。この言葉にぐらっときた。ゆめみらいメンバーの支えも勇気づけられた。仮面カツトシダーショーの狙いは、メンバーの一致団結の狙いがあったのかもしれない。私は、八戸をもっと知り、もっと良くしたいという気持ちを全面に押し出し、少しは納得できる講演ができたと思う。陰で支えてくれた、家族、安田コレクションスタッフ、ゆめみらいメンバー、JC卒業予定者、応援に駆けつけてくれたお客様。この方たちから勇気をいただき、皆様の気持ちが乗り移ったのだと思っている。熱い想いは伝わる。本当に講演を引き受けて良かった。最後に講演を後押ししてくれた石橋理事長と執行部には大変感謝しています。理事長の掲げた、「誇りと絆」の部分を少しは伝えることができたと思う。何より企画自体がフレキシブル&ダイナミイクだったと思う。この講演にかかわった方々の心に、少しでも希望の灯りが届いたのであれば幸いである。

 映画「20世紀少年」に出演した小道具展大好評のうちに終了
平成20年10月八戸市立町畑小学校で行われた、バザー会場の体育館ステージで、映画「20世紀少年」に出演したおもちゃ等の小道具展を開催した。たった4時間の公開だったが、地元新聞1面のコラム”天鐘”に載ったもんだから、凄い反響でした。恐らく1000人近く来たと思います。200台収容の特設駐車場が常に満杯。知り合いがたくさん訪ねてきたので、昼食をとる時間もなく対応に追われていました。常時壇上に人がいるので、質問に答えるのに大変でしたが、映画の舞台裏などを語ると、お客様が目を輝かせて聞いてくれました。とにかく、地域や八戸市民の方に喜んでいただき嬉しいです。そもそもこの展示会は安田コレクションスタッフが、小学校のPTA父親委員長を担当している縁で実現しました。父親委員長が、去年から暖めていた企画です。八戸水産高校の缶詰のような、人を集める目玉のような商品が欲しい。委員長の熱い思いに応える形で実現され、本当に良かったと思っている。特に、掘り出し物コーナーなどの物が売れたようで、売り上げがかなり伸びたと、各ブースで喜んでもらえた。殆どの食べ物が午前中で売り切れになったので、仕入れをもう少し多めに買っておけばよかったのですが・・・。まさか誰もこんなに人が来ると思ってなかったので仕方ありません。さて今回の展示会のコンセプトは物ではなく、圧倒的な量の文章を読ませたい。1ヶ月ほど前から毎晩こつこつとキャプションをつくりました。映画の裏話。俳優さんのエピソード。映画の舞台裏。コレクションのかかわりかた等キャプションと写真をびっしりまとめ展示した。そのかいがあって来場者の滞留時間がとても長い。長い方で2時間ぐらいかな。平均20分ぐらいは見学してましたね。来場者の皆さんが映画を見たくなるような設え。少しは映画の宣伝にもなったかな。
 今から、来年もお願いしたい旨の噂を聞きますが、もうしんどいすね。安田コレクションは、1日開催であれば原則無料貸し出しなので、時間と人手さえあればいくらでもお手伝いしたいのですが・・・・。今回は、安田コレクションスタッフの安田晃樹社長と佐藤技術の林下さん、妙光園の松本さんが手弁当で手伝ってくれたのでなんとか開催できました。3人の力がなければ、この展示会は成立しませんでした。心から感謝申し上げます。特に安田社長には、2日間びっちりと手伝っていただき、大変助かりました。松本さんの解説も大変好評でしたよ。さすが原作ファンですね。林下さんは子供さんのお守をしながらの会場係なので大変だったと思います。みんな安田コレクションに欠かせないスタッフです。あと父親委員会のメンバーの皆様も設営と撤収でお世話になりました。本当に熱い男たちです。地域が一丸となって取り組む事業。本当に素晴らしい仲間に支えられて幸せものです。どのPTA関係者も、充実した達成感に満ち溢れていました。これで結束が強まったと思います。史上最強の父親軍団がこれからも地域を力強く牽引してくれることでしょう。
 展示会翌日に、展示会を見逃したお客さんたちのため息が聞こえてきました。見たかったけど知らなかった。今回の展示会は1日開催で、しかもたった4時間と短いので、はかないところがいいのかもしれませんね。またいつか、20世紀少年展やりたいです。只今、第3章の撮影中で、100点ほどの小道具が、東京で活躍しています。それらが、手元に戻ってくれば、また違った角度で展示会ができるかもしれませんね。そのときは告知しますので、安田コレクションファンの皆様ホームページに注目していてください。
会場に父親委員長のあいさつが張られているのに気がついた。「こどもたちに夢を諦めずに努力を継続する素晴らしさを感じ取って欲しい」。
’才能とは、努力を継続できる力‘この企画により地域の皆様や子供たちに、夢を与えることができたのであれば幸いである。

 三沢航空科学館 「20世紀モデルアート展」終了
平成20年12月21日から平成21年1月12日までの期間、三沢市の青森県立三沢航空科学館で、20世紀モデルアート展が開催されていました。安田勝寿コレクションも参加していました。なんと青森県立美術館で好評だったハセガワのBOXアート展とのコラボレーションが実現。ハセガワさんのプラモデルも好んで集めているので、コラボがてきて大変光栄です。安田コレクションはガラスケース(1800×40×60)8ケースを用意していただき、余すことなく飾らせていただきました。もちろん映画「20世紀少年」に使用された小道具もしっかり飾ってありました。。一度見学に訪れたのですが、私が作成した説明用キャプションを、じっくり読んでくださるお客さんが多くて感激でした。結構キャプションをつくるのも大変なんですよ。初めての共催でしたが、興味の視点が移る設えに変化があり、なかなか妙味な会場設営でした。航空科学館ならではの壮大さは、ここでしか出せませんね。

 設計実績紹介 ファミリータウン階上中前
物件概要
●地目/山林(現況宅地)●開発許可/9,579u
●用途地域/無指定地域 建ぺい率70% 容積率200%
●販売区画数 27区画
●道路他公共用地は階上町に帰属済み
●造成内容 6mアスファルト舗装・U字側溝・公園用地・水道引き込み済み・消火栓1基・ゴミ集積所1基・ホワイトフェンス施工・浸透池の設置無し
●売主/有限会社タケダサプライ

当該地は、道路勾配を最大6%以下に抑え、南側にゆったり下る理想的な住宅地であります。敷地も1区画100坪近くあり、家庭菜園も可能です。南側には階上岳を望むことができ、眼下に広がる牧草地がとても雄大であります。立地は小中学校に隣接し、役場やスーパーも近いのでとても便利です。今回の設計で特に注意したことは擁壁の安定に関してです。最近地震が多いので、災害に強い分譲地を目指しました。階上町は県内で唯一浸透池が認められた地域ですが、今回は少し距離がありますが、流末まで側溝を整備し浸透池を設置しませんでした。浸透池は長年の家庭内から出る雑排水により、目詰まりを起こしやすいからです。
 恵まれた自然環境と利便性を持ち合わせた宅地分譲地が完成しましたのでお知らせします。只今好評分譲中です。
(有)アトラス測量は当該地の測量設計・現場監理を担当しました。

 青森県立郷土館 オモチャ博覧会終了
青森県立郷土館で開かれていたオモチャ博覧会が、5月27日をもって終了した。1ヶ月間の短い開催期間であるが、県内外からのオモチャファンや家族連れで賑わった。終わってみればあっという間のできごとだった。期間中、週末に駆けつけたが、あの空間は何時間いても飽きなっかた。ボーットしていれば1日中居座る自信がある。それぐらい、充実した展示内容であったと思う。今日郷土館の竹村さんより電話をいただき、荷造りが完了したとのことだった。オモチャたちと久しぶりに八戸で再会できる喜びと、一抹の寂しさが交錯した。私にとって1ヶ月間はあまりに短かすぎたのである。今回の6600点という規模は、後にも先にも破られることはないであろう。(常設展示をぬいて)まさに夢の博覧会であった。このような夢をみることができたのも、竹村さんや郷土館の職員のかたのお陰である。本当にありがとうございました。コレクター冥利につきます。次はいよいよ八戸の中心街に突入です。たった1機の戦闘機が乗せた夢が、いよいよ実現に向かいます。さらば、青森県立郷土館。
夢のような1ヶ月間を生涯忘れることは無い。
オモチャは博覧会応援サイトです。動画もあり内容が充実していますよ。http://www.komakino.jp/omotya/



トップページ業務案内実績集よくある質問会社案内リンク社長のブログ趣味のおもちゃ博物館地域情報紹介野球日誌
 Copyright © ATLAS-sokuryo. All Rights Reserved. since2006.2.24Counter